慰謝料はいくらもらえる?
交通事故慰謝料3つの基準。それぞれの計算方法とは?

保険会社からの示談提案の中で、争いになりやすいのは慰謝料です。

治療費、通院交通費などの実費的な損害と比べ、いくらが妥当なのか分かりにくいからです。

慰謝料とは、精神的苦痛を償うための賠償金ですが、精神的苦痛のように形のないものを金銭的に評価するということ自体難しいのですから当然です。

交通事故の慰謝料には3つの基準があります。

  1. 自賠責基準
  2. 任意保険基準
  3. 裁判基準(弁護士基準)

ここでは順番にそれら3つの基準の違いについてご説明します。

1.自賠責基準

「自賠責基準」とは。

これは正式には、
「自動車損害賠償責任保険の保険金等及び自動車損害賠償責任共済の共済金等の支払基準」
といいいます。(長いので正式名称は覚えなくても構いません)

3つの基準の中で、一番低いとされています。

自賠責保険(共済)における保険金(共済金)の支払基準は以下の通りです。

傷害慰謝料の計算方法
「4,200円×対象日数」で計算されます。

「対象日数」は、「被害者の障害の態様、実治療日数その他を勘案して、治療期間の範囲内とする」とされています。

たとえば、4か月(120日)治療した場合、仮に治療期間全部を対象日数にしてもらえたとしても最大で50万4,000円(=4,200円x120日)の計算になります。
 

後遺症慰謝料は、後遺症の等級ごとに定められています。たとえば、一番軽い14級の場合で「32万円」です。※等級についてはこちらの記事をご覧ください。後遺症等級の種類と慰謝料

2.任意保険基準

「任意保険基準」とは、任意保険における賠償額の算定基準です。


かつては、各保険会社共通の統一支払基準が設けられていましたが、平成9年3月で統一基準は廃止となり、現在は、各保険会社が、その会社ごとに支払基準を作成しています。

3.裁判基準(弁護士基準)

裁判所が判決で認めるであろう慰謝料の金額が、いわゆる「裁判基準」です。

裁判所は、自賠責基準にも任意保険基準にも拘束されません。

自らが認定した損害額をもとに賠償を命じます。

弁護士が代理人に就いた場合は、裁判基準による解決を目指すのが通常ですので、弁護士基準とも呼ばれます。

3つの基準の中で最も金額が高いとされています。

裁判所が認める賠償金は、それまでの裁判例をもとに決まりますが、それがいくらになるか、正確なところは裁判をやってみないと分かりません。

しかし、ある程度それを予測するための資料となる基準は存在します。

代表的なものは以下の二つの基準(青い本・赤い本基準)です。

1.青い本(青本)基準

青い本

正式には「財団法人日弁連交通事故相談センター編『交通事故損害賠償額算定基準』」といいます。表紙が青いので青い本(青本)と通称されています。

傷害慰謝料

傷害慰謝料に関しては、入通院日数を一定の計算式に当てはめて算出するものとされています。

たとえば、1か月入院し、その後6か月通院治療した場合で「100万円~184万円」です。

後遺症慰謝料

後遺症慰謝料に関しては、後遺症の等級ごとに定められており、たとえば一番軽い14級の場合で「90~120万円」です。

2.赤い本(赤本)基準

赤い本

正式には「財団法人日弁連交通事故相談センター東京支部編『民事交通事故訴訟・損害賠償額算定基準』」といいます。

青い本は全国版ですが、赤い本は東京地裁で特に多く参照されていると思われます。

表紙が赤いので赤い本(赤本)と通称されています。

傷害慰謝料

傷害慰謝料に関しては、入通院日数を一定の計算式に当てはめて算出するものとされており、かつ、

別表Ⅰ:一般的な怪我の場合

別表Ⅱ:むち打ち症で他覚所見がない場合、軽い打撲、軽い挫創(傷)の場合

の2つが設けられています。

たとえば、1か月入院し、その後6か月通院治療した場合、別表Ⅰ(一般的な怪我の場合)で「136万円」、別表Ⅱ(むち打ち症で他覚所見がない場合等)で「103万円」です。

後遺症慰謝料

後遺症慰謝料は、後遺症の等級ごとに定められており、たとえば一番軽い14級の場合で「110万円」です。


 以上、交通事故慰謝料の3つの基準についてご説明しました。ご自分やご家族のケースがどれにあてはまるのか?具体的な金額などについて知りたい方は、お近くの弁護士もしくは、曽我法律事務所の法律相談をお申し込みください。

交通事故に関しては3回まで無料でご相談に応じます。

まずはお気軽にご相談ください

交通事故被害の際は早めに弁護士にご相談を
ご予約いただければ平日夜間・週末も対応いたします
電話番号:022-352-7340
受付時間:平日9:30~17:30(12:00~13:00除く)

よくお問い合わせを頂く後遺障害の種類

2017-12-27 17:33

交通事故の後遺症のうちよくお問い合わせいただく症状。むちうち症、RSD(反射性交感神経性ジストロフィー)、カウザルギー、非器質性精神障害、高次脳機能障害、高次脳機能障害について。

後遺症等級の種類と慰謝料ーこんなに差がある。自賠責基準と裁判基準の慰謝料ー

2017-12-27 17:09

自賠責基準と裁判基準の慰謝料には金額的に大きな差があります。自賠責保険における後遺障害等級ごとの後遺症慰謝料、赤い本、青い本の後遺症慰謝料を表に記します。

死亡事故について(ご家族の方へ)

2017-12-27 17:02

亡くなられた方のご冥福をお祈りし、謹んでお悔やみ申し上げます。大切な方を、死亡事故という予期せぬ出来事によって失ったご遺族の悲しみは、如何ばかりかとお察しいたします。示談の話し合いは、すぐにする必要はありません。時効の問題はありますが、亡くなられてから3年は時効は完成しません。

軽度・重度な後遺症が残りそうな方へ

2017-12-27 16:44

後遺症と損害賠償の関係について。後遺障害等級の認定が、その後の賠償にとって重要となります。主治医と十分相談して症状を確認し、なるべく早めに弁護士に相談することをお勧めします。

慰謝料はいくらもらえる?交通事故の慰謝料の計算方法

2017-12-27 12:53

交通事故の慰謝料には3つの基準があります。1.自賠責基準、2.任意保険基準、3.裁判基準(弁護士基準)。それぞれの計算方法をご説明します。

保険会社の提示額に納得できない方へ

2017-12-26 12:52

治療終了後、後遺症の有無・等級について結論が出たところで、相手方保険会社から、示談の提案が出あります。保険会社の提示額は自社基準なので、「裁判基準」(弁護士基準)と比べ、一般に低額です。弁護士に委任いただければ、裁判基準による解決を目指せます。

ご相談前によくある質問

2017-12-26 12:29

1.弁護士費用はいつ支払えばよい?2.どのタイミングで相談すべき?3.本人でなくても相談できますか?など,交通事故の法律相談前によくいただくご質問についてまとめました。

賠償額無料査定サービス

2017-12-26 11:50

宮城県内在住の方限定。あなたの交通事故賠償額がいくらになるのか?の無料査定サービスを行っております。お問い合わせ方法について詳細はこちらです。

弁護士費用特約について

2017-12-21 12:16

弁護士費用特約を使えば、費用の心配をすることなく弁護士に依頼することができます。弁護士費用特約に加入しているかどうかの確認方法や,どれくらいの費用をカバーできるかについてご説明します。

曽我法律事務所
〒980-0824 宮城県仙台市青葉区一番町3-3-11 Human青葉通ビル4階
仙台市営地下鉄「青葉通一番町」駅,藤崎から徒歩1分
電話番号 022-352-7340