交通事故は

弁護士に無料相談

✔ 保険会社の示談金額に納得がいかない方
✔ あなたに代わって保険会社との交渉をします
✔ 賠償額を増額できる可能性も

仙台弁護士会所属:弁護士 曽我陽一

曽我法律事務所 3つの特徴

1.相談料・着手金無料

交通事故法律相談は無料。
 
交通事故の着手金は0円です。   
 
料金表を見る  
 
交通事故にあわれたら、早めにご相談ください。 


弁護士特約のご活用も可能です。
   


2.豊富な解決実績

「交通事故紛争処理センター」での4年間の嘱託経験のある弁護士 曽我陽一が直接、あなたのお話しを伺い、適切な賠償を受けられるようにお手伝いします。
  
仙台市を中心に、宮城県内にお住まいの方からのご相談をお受けいたします。

3.土日/夜間相談可

ご予約いただければ、平日の18時以降、土日のご相談にも応じます。

お仕事などで平日の日中にご都合が付かない方もお気軽にご相談ください。

なぜ弁護士に相談すると良いの?

保険会社からの示談金に納得のいかない方、保険会社との交渉にお困りの方、示談が成立する前にご相談ください。

弁護士に相談するメリットとは?

  1. 保険会社との交渉のわずらわしさから解放されます
  2. 弁護士基準で算定するため示談金がアップする可能性があります
  3. 過失割合や後遺症等級が妥当かどうか、適正に査定することができます

弁護士特約の活用法

弁護士に相談するのは費用が心配、という方へ

ご自身が加入している保険に「弁護士特約」が付いていれば,交通事故の被害者になった時に、弁護士費用をまかなうことができます。

「法律相談料」、「弁護士報酬」、「調停や訴訟に必要な費用」などの費用を最大300万円まで保険会社が負担するため、実質0円で弁護士を依頼することが可能となります。

ご自身が未加入でも、配偶者や同居親族に確認を

ご自身が弁護士特約に加入していなくても、ご自分の配偶者や同居親族が加入していれば使用可能は場合があります。

また、自動車保険に限らず火災保険、傷害保険などの損害保険や、クレジットカードなどに付いている場合があります。

もっと詳しく→弁護士費用特約について

代表弁護士ご挨拶

任せて安心 
~ 「対話重視」の法律事務所 ~

■保険会社が提示する賠償額に納得できない
■後遺症が残りそうだ・・・
■保険会社との示談交渉が大変・・・

保険会社の言われるままに、示談に応じようとしていませんか?

不利な示談成立してしまってからでは取り返しがつきません。

事故直後の早い段階からの相談が肝要です。

「交通事故紛争処理センター」にて4年間の嘱託経験のある弁護士 曽我陽一が無料で直接面談し、納得いく適切な賠償を受けられるよう、お手伝いします。

仙台市を中心に、宮城県内にお住いの方からのご相談をお受けいたします。 土日、平日夜間のご相談も可能です。

お電話(022-352-7340)もしくはお問い合わせフォームにてお気軽にご連絡ください。 

交通事故解決(示談)までの流れ

交通事故にあってしまった場合は下記のような流れで解決まで進みます。
しかし、被害に遭われたご本人やご家族が、お辛い状況の中で、下記のような重要な判断を行うのは大変なことです。
ぜひ初期の段階から弁護士にご相談いただくことをお勧めします。

交通事故に遭ってしまったら?まずは警察と保険会社へ連絡を。その上で弁護士へ。早期から弁護士が介入することにより、解決までの道筋が開かれます。交通事故解決までの流れ→

交通事故に遭ってしまったら?まずは警察と保険会社へ連絡を。その上で弁護士へ。早期から弁護士が介入することにより、解決までの道筋が開かれます。保険会社の提示額に納得できない方へ→

宮城県内在住の方限定で、保険会社から提示された賠償額が適正がどうかを無料で診断します。賠償額無料査定サービス→

交通事故業務について

交通事故:よくある質問

交通事故の基礎知識

外貌醜状(しゅうじょう)と逸失利益・慰謝料

かつての後遺障害等級表では,外貌醜状(がいぼうしゅうじょう)の後遺障害等級について男女間に格差がありました。平成22年に見直されましたが,慰謝料では現在も男女で差があるケースがあります。

自分の車を人に運転してもらった際に事故に遭ったら?

お酒を飲んだので自分で運転せず,他人に運転してもらった場合の損害賠償額は?事故が相手方のせいであれば,相手方やその保険会社からの賠償が期待できますが,自損事故や,相手方に非のない事故の場合は,自分の保険から賠償してもらえるのでしょうか。

その治療費,支払われる? ~整骨院・鍼灸治療院での治療費~

交通事故の怪我の治療を整骨院や鍼灸治療院でする場合の注意点。保険会社はその治療費を支払ってくれるのでしょうか?

交通事故:慰謝料と示談金の違いとは

交通事故の慰謝料と示談金の違いとは?慰謝料は交通事故被害者が受けた精神的苦痛に対する賠償金のこと。示談金とは慰謝料を含む賠償金全体のことを指します。

交通事故:慰謝料の弁護士基準とは?

交通事故の慰謝料には3つの基準があります。自賠責基準,任意保険基準,弁護士基準(裁判所基準)です。そのうち最も金額が高くなるのは弁護士基準です。保険会社からの賠償額の提示があったさいには,それが妥当かどうか弁護士にご相談ください。

交通事故を弁護士に相談・依頼すべきベストなタイミングとは?

交通事故被害者になった際に,弁護士に相談すべきベストなタイミングをご説明します。交通事故直後,入院中,症状固定時,保険会社からの示談金提示があった際など,タイミングごとのご説明をします。

交通事故被害者が自死(自殺)した場合,損害賠償額は減額される?

交通事故の被害者が自死(自殺)した場合,損害賠償請求権はどうなるのでしょうか? その際に根拠となる「素因減額」についてご説明します。

物損訴訟の際に必要な書類

弁護士費用特約が普及して,少額の物損事故でも弁護士に依頼する人が増えてきました。 訴額140万円以下の訴訟は,簡易裁判所の管轄になるため,簡易裁判所におけるこうした少額物損訴訟も増えています。仙台簡易裁判所では「進行準備に関するお願い(物損)」を配布しています。 

飲んだら乗るなー薬の服用と交通事故ー

薬の場合,飲んだら運転していけないという意識が希薄になりがちですが,副作用により事故を起こすおそれがあると注意されている薬は,お酒と変わりません。人身傷害保険等の補償を受けることができないおそれがありますし,道路交通法違反や自動車過失運転致死傷で処罰される可能性があります。

弁護士費用特約で紹介された弁護士への苦情がある方へ

弁護士費用特約に入っている方で,紹介された弁護士の仕事ぶりや態度が宜しくなく,不満を覚えるということが実際に起きています。 このような苦情についての情報を,協定保険会社,LAC,弁護士会の三者で共有するシステムが運用されています。

交通事故の示談代行と弁護士法違反

交通事故を起こしてしまったとき(加害者になってしまったとき),任意保険に入っていれば,保険会社から被害者に対する賠償金を払ってもらえるだけでなく,その前提となる被害者との示談交渉もやってもらえます。保険会社が加害者のために交渉し示談することを,示談代行といいます。

低収入の若年労働者が事故にあった場合,逸失利益は低くなる?

高齢者の場合,働き盛りの頃と比べると収入が低下していることが多く,就労可能期間も短くなっているので,逸失利益が低くなることが少なくありません。若い人も,高齢者と同様,収入が低い人が少なくありません。その場合,逸失利益は低くなるのでしょうか。

交通事故時、シートベルトを装着していないと過失相殺される?

交通事故時、シートベルトを装着していないと過失相殺されて損害賠償額が減らされてしまうのでしょうか?過失相殺されるケースとされないケースをご説明します。

死亡慰謝料基準の見直し(赤い本)

交通事故で被害者が亡くなった場合の「死亡慰謝料」について,平成28年「赤い本」での基準が改められました。

遅延損害金と弁護士費用の損害賠償

治療費,休業損害,慰謝料,後遺症慰謝料,逸失利益。交通事故の被害者は,加害者ないしその保険会社に対し,各損害の額を積み重ねていき,その合計額から既に支払われている金額を差し引いて損害賠償請求します。すんなり支払ってもらえれば問題ありませんが,支払ってもらえなくて,訴訟を起こさざるを得ない場合もあります。

曽我法律事務所
〒980-0824 宮城県仙台市青葉区一番町3-3-11 Human青葉通ビル4階
仙台市営地下鉄「青葉通一番町」駅,藤崎から徒歩1分
電話番号 022-352-7340